エンディングノート

エンディングノートとは

長寿の国日本、65歳の平均余命は、約20年あります。その時間をどう過ごしたいですか?
元気でいられれば良いのですが、認知症や、病気になってしまったら、どうしてほしいですか?
そして、100%避けられない、誰もが迎える「死」、最後の時をどう迎えたいですか?
そんな、もしもの時に備えて、予め自分の意思や想い、伝えたいことをまとめておくノート。
それがエンディングノートです。 [エンディングノートの主な項目]自分や家族に関すること:自分のこと、家族のこと、振り返り、家系図など/家族へのメッセージ:ありがとう、感謝の気持ち、伝えておきたいことなど/介護・医療に関すること:介護、告知、延命治療、尊厳死など/財産・遺言に関すること:預貯金、不動産、保険、遺言書、遺品など/葬儀・お墓に関すること:お葬式、戒名、お墓、供養など 今、書店にいけば、「エンディングノート」に関する書物がたくさんならんでいます。
また、インターネットや、公共機関などで無料で配布されているものもありますし、100ページ近いものから、10ページくらいの簡単なものまで様々です。
目次を見比べて、自分の書きたい、伝えたい内容が書けるノートを選ぶことをお勧めします。

エンディングノートは、特に決まりごともなく、自由に書くことが出来ます。
  • ・筆記用具は、鉛筆でも、ボールペンでも、パソコンでも何でも大丈夫。
  • ・書きやすい、書きたいところから、書きたいところだけ書けば良い。
  • ・何度書きなおしても、何度書き足しても大丈夫。
ただし、遺言書とは違い、法的効力はないので注意が必要です。
財産の相続に関しては、遺言書も作成されることをお勧めします。


大切な事

エンディングノートを書いたことを家族や友人など信頼できる人に伝え、共有しましょう。
そしてノートの保管場所をきめて緊急時に備えることが大切です。
今の想い、伝えたいことをかく。
気持ちが変わったら書きなおせばいい。
そんな気軽な気持ちで、早速書き始めてみませんか。
「死の準備」だけのためのノートではありません、
書いていくうちに新しい自分の発見や、
楽しみが見つかるかもしれません。
猪瀬清美
終活カウンセラー協会認定 終活カウンセラー/供養コンシェルジュ協会認定 供養コンシェルジュ1級/日本ケアフィットサービス協会認定 サービス介助士/ファイナンシャルプランニング技能士/東大市民後見人養成講座履修
「終活」という言葉をご存じでしょうか?これは決して「終焉に向かう活動」だけをするという意味ではなく、「終焉」を見つめ、準備することで今をよりよく生きようという想いが込められています。そんな活動の案内人を「終活カウンセラー」と言います。
終活カウンセラーは終活をトータル的にサポート致します。 終活カウンセラー協会はこちら
祭囃子の新たな伝承 祭囃子伝承フォーラム 詳しくはこちら
尊厳死宣言登録 「尊厳死宣言書」はなぜ必要なのでしょうか?
[離れて暮らす親のこと、一緒に暮らす親のこと]オヤノコト.netはこちら
栃木ライフサポート 賛助企業・広告 募集中! 暮らしの豊かさにつなげてゆくこと、地域の発展を目的としたNPOライフサポートの活動をともに盛り上げていきませんか?只今、賛助企業を募集中です。