終活カウンセラーとは

終活カウンセラーとは

終活を考えたとき、
  • ・何をすればいいの?
  • ・エンディングノートってどう書くの?
  • ・認知症になったらどうしよう。
  • ・相続で家族がもめたらどうしよう
など不安に思うことはありませんか。
健康、保険、年金、介護、葬儀、相続、などの、独りでは抱えきれない問題や家族関係、ご近所付き合いのことなど悩み、気になる事も色々出てくるでしょう。

終活カウンセラーはそんな悩みを一括してお伺いし、一緒に考え、その方に見合った終活の方法を提案、サポートします。
また専門家が必要かどうか見極め、必要な時には専門家へ繋ぐことの出来る、あなたの身近にいる相談役、“困りごと案内人”です。

皆様のお話をじっくり聴くのが終活カウンセラーの役割ですので、何でもお話し下さい。
終活に関することや、エンディングノートなどの、勉強会や、セミナーも企画開催しています。ご相談ください。
猪瀬清美
終活カウンセラー協会認定 終活カウンセラー/供養コンシェルジュ協会認定 供養コンシェルジュ1級/日本ケアフィットサービス協会認定 サービス介助士/ファイナンシャルプランニング技能士/東大市民後見人養成講座履修
「終活」という言葉をご存じでしょうか?これは決して「終焉に向かう活動」だけをするという意味ではなく、「終焉」を見つめ、準備することで今をよりよく生きようという想いが込められています。そんな活動の案内人を「終活カウンセラー」と言います。
終活カウンセラーは終活をトータル的にサポート致します。 終活カウンセラー協会はこちら
祭囃子の新たな伝承 祭囃子伝承フォーラム 詳しくはこちら
尊厳死宣言登録 「尊厳死宣言書」はなぜ必要なのでしょうか?
[離れて暮らす親のこと、一緒に暮らす親のこと]オヤノコト.netはこちら
栃木ライフサポート 賛助企業・広告 募集中! 暮らしの豊かさにつなげてゆくこと、地域の発展を目的としたNPOライフサポートの活動をともに盛り上げていきませんか?只今、賛助企業を募集中です。